前述しましたがジャマイカにはレゲエ好きな日本人が多数滞在しています。
好きすぎてここに住む人もいるそうです。

今夜会う予定のRさんもその一人。
DJをやっていてレゲエ修行にきているそうです。

ここキングストンはレゲエのメッカ。

毎晩のようにどこかしこで音楽イベントが行われています。

本日平日ですが当然行われています。

ただ、もともと治安の悪い国なので危ない目に合わないようにRさんに
ガイドをお願いしました。

一日中飛行機やバスにゆられてましたが初日の高揚感もあって3人とも
バイブスが上がってます。

「夜のキングストンは外で待ってちゃダメだよ」

車から降りたRさんがしょっぱなから言います。

いきなり強盗に襲われるかもしれないからゲストハウスの中で待ってなさいとのこと。

デンジャラスだ。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

Rさんは妹夫婦とは顔なじみなので雑談を交わしながらクラブへ行きます。

20161029_141515

会場へ到着。

音楽が聞こえてきます。

20161029_141708

20161029_142551

想像していたような激しい音楽ではなかったです。
若い人が多いクラブは何があるかわからないので年齢層高めの場所を選んだとか。

20161029_1445082

太陽マークがRさん。
踊るというよりもリズムを体で刻みながらこの場所を楽しんでいる感じです。

こういった場所になじみのない僕はとにかく体で感じようと踊っている人の塊に突撃します。

レゲエは曲によって踊りがあるようなのですが当然しらないので
バイブスのままに飛んだりステップしたりしていると近くの人たちが
僕の真似をして踊ります。

うれしいことなのですが、踊っているうちに彼らもバイブスが上がってきて
黒人さん特有の激しい感情表現がちょっと怖くなったので気づかれないように退散します。人( ̄ω ̄;) スマヌ

海外に行くと日本人が日本人同士でかたまって他の国の人とかかわらないのが理解できなかったのですが
今回わかった気がします。

曲ごとのレゲエの踊りはもともと決まっていたわけではなくて誰かが踊っていたものが
それいいじゃん、となってクラブなどで定着したものがその曲の振り付けになるそうです。

「だから義兄さんの振り付けがはやってこの曲の踊りになるかもしれませんよ」

などとほろ酔いになりながらKさんがいいます。

キングストンの最初の夜はこうして過ぎていきました。

20161029_1445162

夜半すぎが一番盛り上がるそうですが、着いたばかりで疲れてるだろうということで
その少し前にゲストハウスへ戻ります。

日本をかんじさせてくれるござを感じながら就寝。

明日から本格的なジャマイカです。


応援お願いします!

当ブログはブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックするとランキング投票になりますので
ぜひブログ応援よろしくお願いします!
ランキングサイトに飛びますので、旅行関係のいろんなブログにも出会えますよ!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村